カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2018年09月 次月>>
最新の投稿
カテゴリー一覧
月別アーカイブ
管理人紹介
RSSリーダーで購読

新年度を迎えて
 麗らかな日差しとともに、武道館駐車場では少しずつ春の息吹が感じられるように
なりました。3月には、厳しかった冬を乗り越え晴れの卒業式を終えた元武道教室生
たちが、新たな抱負を胸に次々と道場に集まってくれました。ちょうど武道教室が始
まる前で、小・中学生にとっては同じ教室で汗を流した憧れの先輩たちでもあり、新
しい門出を皆で祝福できました。中には半年ぶりに後輩と一緒に稽古に励む姿も見ら
れ、武道のすばらしさをつくづく感じました。

 さて、私の大好きな毎週日曜に放映されます西郷隆盛を主人公としたNHK大河ド
ラマ「西郷どん」もいよいよ佳境に入ってきました。この西郷隆盛が座右の銘とした
言葉には、京セラの社是等にもあります「敬天愛人」が有名ですが、とりわけ西郷に
大きな影響を与えたとされる書物『言志四録』(幕末の儒学者 美濃国岩村藩 佐藤一
斎)から春にちなみ一つ紹介したいと思います。

「春風接人、秋霜自粛」(春風を以って人に接し、秋霜を以って自らを慎む)です。
これは「春風のように和やかさで人に接し、秋霜の厳しさを以って自己を制御する」
という意味から「他人に優しく、自分に厳しく」と要約されますが、「自分に厳しく
していれば、本当の和やかさで他人に接することができる」という意味も含まれてい
るそうです。武道が持つ心の片鱗に触れたような気がいたします。

本館では、皆様の健康をサポートできるようライフステージに応じた武道教室を開
講しています。武道を通して培った精神や出会いが心の糧となり、自身延いては社会
のために広くお役に立てることを心から願っております。新年度を迎えて、皆様から
愛される武道館を目指し、気持ちも新たにスタッフ一丸となって取り組みますのでよ
ろしくお願いします。


| 日記 | 08:00 AM | comments (x) |
新年のご挨拶
 年末の事務室での光景です。「一年間本当にお世話になりました。」とリピーターの方が、満面の笑顔で職員への挨拶に来られていました。
 我々職員は、毎日のように利用していただき、お世話になったのはこちらであって十分満足していただけたのかな、まだまだ行き届かなかったところはなかったのかな、利用しやすい武道館だったのかなと色々な想いを巡らせながら年の瀬を迎えていました。

 さて、新しい年を迎えいよいよ今日から開館となりました。今年の干支は「戌」ということで、私たちにとっては掛け替えのない身近な存在で、癒しの動物としても大きな役割を担ってくれています。

 お陰様で今年、石川県立武道館はちょうど設立40年目を迎えます。干支にちなみ当館も、たくさんの利用団体、リピーターの皆様にとって今まで以上に身近な存在として、快適で安心・安全に信頼される施設であるよう、設立の原点にかえり取り組みたいと思います。
 どうか新しい年も職員一同よろしくお願いします。

 新しい年が皆様方にとりまして、幸多き年となりますことを心からお祈り申し上げ、新年のご挨拶に代えさせていただきます。


| 日記 | 08:00 AM | comments (x) |
館長就任のご挨拶
館長就任のご挨拶


 平成29年4月1日より、新しく館長に着任しました山辺哲夫です。

 若き時に3年間社会体育主事として勤務していましたが、このたびご縁があり約30年ぶりの勤務となりました。今年度新たなスタッフとともに、「愛される武道館」を目指してニーズに応えて行きたいと考えていますので、これからもよろしくお願いします。

 さて、この県立武道館の歴史を簡単に紹介しますと、昭和53年9月30日、県民の生涯学習の場として日本古来の伝統文化としての武道振興に資するという目的で建立されました。4階建て本館棟を中心に会議棟や弓道棟をバランスよく配置、1階外壁の赤戸室石張りや隣接地の境界90メートルに及ぶ建仁寺塀等、日本的な重厚さと繊細さを合わせ持つ建築様式で、県民にとって大きな期待と誇りでありました。

 以来、昭和60年全国高校総体、平成3年石川国体の競技会場として、また本県武道振興の中核的拠点施設として、数々の県民の皆様に愛され、幾多ものドラマが生まれました。

 38年という月日は流れても、ライフステージに応じて誰もが安全に安心して利用できる施設であるという不易の部分に心を据え、維持管理に万全を尽くし更なるサービスの向上へと汗を流したいと思っています。

 武道を志す青少年・一般の方が「武道ってこんな素晴らしいものだったのか」といつか顧みることができ、ひいては自身のライフワークの一つとしてお役に立てるよう「チーム武道館」として、皆様との出会いをしっかりバックアップして行きたいと願っています。


| 日記 | 08:00 AM | comments (x) |
「生涯スポーツ実践の場としての武道館」
「生涯スポーツ実践の場としての武道館」

 九月十日・十一日は、弓道場で北信越地区の弓道中央審査会が開催されました。そのため館内は和服に袴をつけた中高年の男女の方々で溢れました。
 北は北海道から南は三重県、年齢では二十五歳から八十三歳までの受審者が集まり、その中でもとくに六十歳代から七十歳代の方々が多く、弓道に専念できる経済的余裕と求道精神を生きる力として心に持っていらっしゃる方々ばかりなので、品がよくて目の輝きがとても素晴らしいのが印象的でした。

 実施されたのは、「錬士の部」「六段の部」「七段の部」の三部門で、受審者は錬士は約三百名であり、合格者は男性五名・女性五名で合格率3.6%。六段の部は約二百名のうち男性九名.女性六名で合格率7.6%。七段の部は五十五名のうち男性二名の合格率3.6%という結果でした。
 
 審査の様子を拝見しましたが、道場に入る前からヒシヒシと伝わる緊張感、射形の凜々しい姿と的に当たるまでの緊迫した空気。そして射を終えた後の残心。年齢を重ねても弓道という道を求め深めていこうとする心に,幾つになってもチャレンジする生き方を感じました。

 日本は現在、平均寿命男性八十歳・女性八十七歳の時代を迎えましたが、弓道は一人でも稽古でき、力に応じた心と体の満足感を求めることができる武道なので、今後も弓道人口は確実に増加していくだろうと感じております。そんな意味では、皆さまが気軽に生涯スポーツを実践できる場となるように職員一同さらなる緊張感を持たねばならないと考えております。 

| 日記 | 08:00 AM | comments (x) |
「武道館らしさ」を求めて
 都道府県立武道館は全国で45館ありますが、新潟県と長野県ではまだ建設されておりません。
 しかし、新潟県では平成31年に上越市でオープンする予定となっており、一方、長野県では有識者による基本構想検討委員会を立ち上げ、昨年12月にその委員会から県教育長に建設に向けての報告書が提出されました。
 そのときに、長野県の方から、「武道館らしさ」とは何ですか?という意見を求められたことがありました。

この「武道館らしさ」と言う言葉は大変むずかしい質問です。
 ハード面では、建物の外観は瓦葺き、ナマコ塀や白い壁などお城や武家の屋敷をイメージしたものでしょうか。植栽では、松や椿など緑で囲まれた庭とその中に菖蒲の花。そして武道教室の新入生を迎える四月には花咲く桜がほしい。さらに、これからは生涯スポーツの実践の場であることと、見るスポーツの振興のための諸機能・設備が必要と考えます。
そして、ソフト面では、この場所で「武道」を習いたい。習わせたいと感じる施設。つまり「挨拶」や「礼」ができ日本人として基本的な作法や習慣やを育むことのできる場所。
 このように考えると、「武道館らしさ」とは武道を通して心と体を鍛え「日本の心」を育てる機能をもった施設であるといえるのではないでしょうか。

| 日記 | 11:38 AM | comments (x) |
PAGE TOP ↑